コトバの力

(小中学校での講演等で話す内容:配布資料から一部抜粋)

未来の大天才のみなさまに
「夢」について

 君の未来が、楽しく力に満ち輝くものとするため、僕らはいつも決意という現実的な形、感情で夢を見続けるんだ。目指し続けるんだ。自信なんてみんな、ないんだよ。がんばるぞという決意、決心、情熱、それさえあれば、いつも未来は、ワクワクキラキラ輝いている。

 人間はすごいんだ。240億個の脳細胞は、みんなに等しくあって天才と言われる人たちもその生涯で5%~10%も使われずに寿命を終えてしまうと、最新の大脳生理学で言われているんだ。現代科学を総結集して、我々の体を構成している60兆個の細胞一つ作るにしても、東京ドーム1個の大きさでも収まらない。作ること自体不可能といわれている。僕らは、すごいソフトとハードを持った限りない潜在能力と、しくみを持った人間というものなんだ。

 自分に自信なんかなくていい。でも、人間である自分に自信を持て!

人間であること、不思議なるエネルギーとしくみを持った命と、それを宿している人間であることを過小評価してはいけない。みんな、すごい地球人、宇宙人なんだぞ。

 夢のある人生のすばらしいところは、夢をつかむゴールだけでなく目指して頑張っている途中、途中の道ばたにも幸せがあふれていることなんだ。ゴールに勝るとも劣らぬステキな出来事、しあわせ、楽しさが、その時々に、その場所場所に、いっぱいにあふれている。だから、ゴールにたどり着く人もつかない人もみんなしあわせになれるんだ。

 つまり、夢を持ち、その夢に向かって、今、自分の出来ることを、今、出来るやり方で、今すぐ一歩その歩みを始めた人は、その夢のゴールにたどり着こうが、たどり着くまいが、みんなしあわせになれるという気の利いたステキな仕掛けが、この人生には仕掛けられている。それが夢の秘密、夢の力なんだ。

 夢のかなう人は、夢をかなえるまで夢見続けた人。夢を実現するコツは、実現するまで夢見続けるという、ただそれだけ。とは、言っても、その夢を強く色あせず鮮やかに見続けることがたいへん。夢を見続けるための賢い仕組みづくりの工夫が必要だ。実現のために、今出来ることを、今出来る形ですぐやり、それを続けるためのエネルギーの充電補給法を自分で確立しなければならない。そこが、その人の見せ所、その人の力なんだ。